オリジナルビデオ『検事フリッツ・バウアー ナチスを追い詰めた男』DIE AKTE GENERAL ウルリッヒ・ヌーテン

(2015) 93min 120219

全体的に「アイヒマンを追え」と比べると浅いなと思ったけどテレビ映画なら十分なレベル。

こちらは西ドイツと東ドイツの区分けがしっかり描かれていて、アンガーマンがフリッツを内偵していた事になっている。

あと、性的嗜好が明確に描かれ同性愛同士の結婚の告白、男娼を自宅に招くといった所が印象に残った。

先に「アイヒマンを追え」を観ていたから内容が入ってきたが観てなかったらだいぶ説明不足な所が多い。

まぁ、ドイツ国内向けに製作されたからその辺の知識はある前提なのかな。

検事フリッツ・バウアー ナチスを追い詰めた男(字幕版)



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です