映画『13時間 ベンガジの秘密の兵士』13 HOURS: THE SECRET SOLDIERS OF BENGHAZI 【評価】S

とても素晴らしいミリタリー(特殊部隊)映画。

なんでこのレベルで劇場未公開なんだ。それくらい良かった。

また、実話をベースに作られているというのも驚いた。

日頃接しているニュースではこの事件について見たり読んだりした記憶が無いからである(もしくは他人事として流していた)。

内容についてはwikipedeiaに詳しい。

2012年アメリカ在外公館襲撃事件 – Wikipedia

襲ってくる敵勢力と一般人の違いがよくわからないというのが非常に恐ろしくてリアル。

CIA秘密基地の微妙な立ち位置が応援を呼ぶのを難しくしているという難しさ。

特にこれといった大きなストーリーの破綻は無かったが一点、迫撃砲が途中で止むと言うのはちょっとご都合主義的に感じた。

あのままいってたら全滅させられてたはず。

13時間ベンガジの秘密の兵士 (字幕版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です