映画『初雪の恋 ヴァージン・スノー』【評価】E 宮崎あおい

映画『初雪の恋 ヴァージン・スノー』 (2006) 101min 【評価】E 251010

内容がとても薄い。
主人公と女性の恋愛にしても、デート数回した後すれ違いっ放し。
言葉も適当で、主人公はほぼ韓国語、彼女は日本語(少し韓国語)
これで意思疎通がとれてるのが国際恋愛経験者としてものすごい違和感。
そんなに甘いもんじゃないよと一言言わせてもらいたい。
また、監督が韓国人だからなのか日本の文化をステレオタイプ的に見せたり、物事が韓国優先的。
(神社の巫女、学校の授業で剣道、不良をテコンドーで倒す、韓国人の陶芸家が日本に住む、主人公が日本語を話さない等)。
ラストは、せっかく再会したのにいきなり陶器を壊したりもらった絵を破いたりして錯乱する。
これが唐突過ぎて意味わからん。
あっけにとられそのままエンディングヘ…

初雪の恋 ~ヴァージン・スノー~  [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です