映画『嫌われ松子の一生』【評価】E 中谷美紀

映画『嫌われ松子の一生』 (2006) 130min 【評価】E 041010

この映画を観て感じたのは、自分にはこんな事ができるんだぞ
という脚本家や作家の力を過信した結果できた映画だなと感じた。
全体的に一貫性が無いとでも言うか、この場面の意味は何なのか
と考えさせられるものもあった。
現在と過去のストーリーが交錯する展開。
主人公の松子という女性の一生を様々なストーリーで見せるが
なんだかよくわからない。
無駄に強い色彩調、そして所々に入るミュージカル風ソング。
自分には、これらが必要だとは微塵とも感じなかった。
そして、お笑い芸人の過剰な投入。
それぞれテレビのイメージが強いので、一瞬出てくるとこの人
こんな役やってるんだーと観ている人が映画の世界から離れてしまうので
自分としては、お笑い芸人の過度な起用は良く思わない。
起用すると、話題になるという効果もあるが、映画としてはバツ。
もちろんお笑い芸人で役者をやるのがいけないという訳では無い。
ラストも全く納得がいかない終わり方。
それが、松子の一生を現わしているのかもしれないが…
良かった所は、黒沢あすかの女社長はドスが利いていてとても良かった。
それぐらい。

嫌われ松子の一生 通常版 [DVD]

映画『嫌われ松子の一生』【評価】E 中谷美紀” に対して1件のコメントがあります。

  1. usaginosayuri より:

    SECRET: 0
    PASS:
    日本映画のdvdを頼んだ者です。

    私は、興味深くこの映画を見ました。

    こんな人生だって、ありえるかもなと。

    もちろん極端ですけど。

    ゴミ屋敷にしてしまう人がいます。

    そういう人にもそれなりの人生があって、そうなってしまった。精神障害の一種とは取れますが、じゃ、目の見えない人と違いがあるのかとか、アレルギーの人とどう違うのか、ひいては、言語の違う人とどう違うのかとかね。

    制作意図は、理解し合おうよということなんじゃないかなぁと思いました。

    そう思って、見れば、また違った感じを受けると思いますよ。

    演出方法については、ミュージカルなんだから、そんなもんでしょ。ウエストサイドストーリーとか、サウンドオブミュージックとか、わかりませんもん。

    オペラなんて、何がいいんだか全くわかりません。

  2. jay より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ブログ訪問ありがとうございます。

    そうですね。

    私は映画というのは、観た人それぞれが違う意見で良いと思っています。

    もし、観た人全員が同じ意見を持つような映画だったらそれはただの『プロパガンダ映画』です。

    このブログは、映画を観てこんな意見を持つ人が一人いるよーというスタンスで書いています。

    貴重なご意見ありがとうございました。

    また、ぜひ感想聞かせて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です