映画『山田長政~アユタヤの侍』ซามูไร อโยธยา Yamada: The Samurai Of Ayothaya 【評価】D 大関正義

映画『山田長政~アユタヤの侍』ซามูไร อโยธยา Yamada: The Samurai Of Ayothaya (2010) 【評価】D 270812

主役の日本人(大関正義)の演技が下手。
台詞・ナレーションが棒読みに近い。
アクションシーンの動きが遅いので型でやってるのが丸わかりになってる。
アクションはもっとスピード感出さないダメでしょ。
口から出る赤色の液体は失笑もの。

その代わり、ムエタイ兵の動きはなかなか良い。
しかし、せっかく元K1チャンピオンのブアカーオ・ポー・プラムックが出てるのに、ヒゲが全く似合ってなく残念な仕上がりになってる。

最大の難点は、敵が全く強く見えないし実際そんなに強くない。
歴史アクション映画としては致命的。

あと、”友情”をテーマにしているんだから、無理やり恋愛ストーリーを入れなくても良かったのでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です