映画『ファースト・スクワッド』FIRST SQUAD 【評価】D 芦野芳晴

(2009) 60min 290817

夢オチ、超能力、空間移動、降霊、テレパシーというキワモノコンセプトを混ぜ合わせてるので、非常に胡散臭い作品になってしまっている。

第二次世界大戦下のロシアで少女が救世主になるという主軸は悪くないと思うけど、主人公が感情移入できるほど魅力的で無いのもマイナス。

あと、致命的なのはロシア語のアテレコがどうみても下手な役者がいる事。

日本みたいにアニメ業界が成熟していないので選べるほど声優がいないんだろうな。

ファースト・スクワッド [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です