映画『ジーザス・キャンプ~アメリカを動かすキリスト教原理主義~』JESUS CAMP 【評価】D ハイディ・ユーイング レイチェル・グレイディ

(2006) 87min 210817

世界には様々な宗教があり、その宗教の中でも様々な派閥がある。

この作品はその中のキリスト教福音派に属する子供達に焦点を当てている。

福音派は進化論否定、中絶反対、同性愛反対として知られているどちらかというとカルト的宗派なのだが、その信者数は多い。

学校も否定していて自宅学習でその偏った思想を親が教えている。

普通の人が福音派のこの集会内容を見たらオカシイと思うだろうが、子どもたちにはそれを判別する術は無いだろう。

親に連れてこられた上で身を任せるだけなので、洗脳されやすい。

トランス状態になって身体を揺らしながら神に祈りを捧げる子供達の姿。自分が親だったら絶対嫌だなぁ。

ドキュメンタリー的には最初の20分くらいでお腹一杯。後は同じような内容だった。

ジーザス・キャンプ~アメリカを動かすキリスト教原理主義~ (字幕版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です