映画『ワン・ダイレクション THIS IS US』ONE DIRECTION: THIS IS US 【評価】D モーガン・スパーロック

(2013) 92min 040817

監督はあの「スーパーサイズ・ミー」のモーガン・スパーロック。

ワン・ディレクションの完全なるファン向け自伝的ドキュメンタリー。

全く興味が無い人が見ても面白くは無いな(自分もそのうちの1人)。

このグループの成り立ちがオーディション番組側に選ばれた5人組との事。

もともと各々がプロのシンガーを目指していたので独立志向があるんじゃないかな。

グループとしては長続きしなさそうだと感じた。

日本で言うとSMAP的人気かな。それの世界バージョン。

ライブに来ている層を見ると9割が女性ファン。

ツアーでの日本滞在はメンバーにも好評だったようで長めの尺がとられていた。

メンバー本人達よりも家族のほうがこの過熱とも言えるブームの終焉を気にしていてそこが印象的。

ここまで書いて、彼らのWikipediaをチェックしたら、グループ休止してるじゃん!

2015年3月25日、メンバーのゼイン・マリクの脱退が発表された[15]

2016年3月から最低で1年間の活動休止をすると発表した。
しかも作中でも心配されてたゼイン脱退してるし。

予想は当たっていたようだ。

ワン・ダイレクション THIS IS US <劇場公開バージョン> [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です