映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』BATTLE: LOS ANGELES 【評価】D アーロン・エッカート

(2011) 116min 250316

銃弾や砲撃がCG丸出しなので戦闘シーンが興冷め。

今の時代、もうちょっとうまく見せられると思うのだが。

エンタメ映画としても感動させようとして少尉を早めに殺したのがバレバレ。

まるで人を道具のように扱っている。

地下道のシーンは「エイリアン」リスペクトで構図や照明を似せてるのかなーと思ったらすぐ地上に出てきて笑った。

しかも夜だったのに出たら真っ昼間。そんなに時間経ったのか?

全体的に場面の切り替えが突然と言うか雑なので、この公開版はかなり編集でぶつ切りされてる感じがする。

世界侵略:ロサンゼルス決戦 (字幕版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です