映画『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』 【評価】D 松本潤

映画『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』(2008) 118min 【評価】D 011011

ありえない展開が満載でトンデモ映画という言葉が当てはまると思う。
エンタテインメントとしても…無理かなー

笑気ガスて…
セリフが完全に現代語…
そのセリフ言う間は敵が来ないのはお決まりだけど長すぎだろ…
痛めつけられてた六郎太がスーパー復活…
場面ごとに「現代の風景」を感じる…
敵、鷹山刑部の鎧がダースベーダー…←意識しすぎ
二刀流はダースモールかな?しかも殺陣にCG使ってるし…

多分、オリジナルの黒澤明版を観たら感動するんだろうな。
これ以下にリメイクが作られる事はもう無いと思う。

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS スタンダード・エディション [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です