映画『孫文の義士団』BODYGUARDS AND ASSASSINS 【評価】D ドニー・イェン

映画『孫文の義士団』BODYGUARDS AND ASSASSINS (2009) 138min 【評価】D 120113

アクションは良いと言えば良いんだけど香港映画にありがちな、オーバーな表現が自分的に好みじゃない。

刺されまくっても殴られまくっても死なない大男とか若旦那、アスー。

途中で主要人物が死ぬと没年月日と名前が出るのだが、これは実際にこういう死に方をしたってことなんだろうか。この辺の歴史について詳しくないのでちょっとわからないが、忠実に再現しているとしたら興味深い。

息子を革命の犠牲者にしないために父親が奮起する人間ドラマから続くラストまでの布石は、筋が通っていたが
予想通りなので驚きが無い。

劇中、『戦艦ポチョムキン』のオデッサの階段オマージュあり。

孫文の義士団 -ボディガード&アサシンズ- スペシャル・エディション [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です