映画『女の子ものがたり』【評価】D 深津絵里

映画『女の子ものがたり』(2009) 110min 【評価】D 251212

西原理恵子氏の自伝的漫画を映画化した作品。

田舎の風景描写はキレイだが、狙って撮ってるのがミエミエで何度も出てくるのが少しくどい。

貧乏の子を登場させようとしてるのに、役者と服装と言葉遣いどれもキレイすぎて現実感がゼロ。
女の子だから少し表現するのが難しいと思うがそこをクリアしないと良い映画にはならない。

結局、友達の1人きみことなつみの母親がその後どうなったのか最後までわからず消化不良。

深津絵里の登場シーンもほとんど無く、期待ハズレだった。

女の子ものがたり [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です