映画『アイアン・スカイ ディレクターズ・カット版』IRON SKY 【評価】C ユリア・ディーツェ

(2012) 110min 250119

ヒトラー率いるナチス残党が月の裏側に逃げていたらというもしも系の作品。

良い意味で1990年台のB級映画っぽい感じがした。

全編を通して常にコメディタッチ。

人種差別、アメリカ政治、北朝鮮観等々皮肉たっぷり。

国際会議で武装していない国に手を挙げたのがフィンランド、これの意味がわからなかったけど監督がフィンランド人だったのね。

後半少しダレるのはやはりディレクターズカット版だからか。

ラスト地味に日本の国旗を付けた衛星が自爆攻撃しているのは細かい(神風)。

アイアン・スカイ ディレクターズ・カット版(字幕版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です