映画『シアター・プノンペン』THE LAST REEL 【評価】C マー・リネット

決してストーリーに面白さは無いが、カンボジア映画という珍しいものを観させてもらった。

カンボジアはクメール・ルージュにより知識人が大虐殺された。その中には映画監督や俳優も含まれる。

そんな歴史を自国民が振り返り、映画作品として発表できた事は彼らの一種の禊みたいなものを感じた。

エンタメは無いが、歴史がそこにあるそんな作品。

シアタープノンペン(字幕版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です