映画『交渉人 真下正義』【評価】C 本広克行

(2005) 128min 271006

この映画のユースケ・サンタマリアの演技はわざとらしく見えた。

「アルジャーノンに花束を」の演技は良かったのだが。

全体的に俳優陣が下手。

笑いを取ろうとして無理している感じが出てて変だった。

TVドラマスペシャル程度で十分な内容。わざわざ映画にする必要性は感じない。

交渉人 真下正義

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です