映画『ラ・ラ・ランド』LA LA LAND 【評価】C エマ・ストーン

この映画がヒットしたのは皆あまりミュージカルというジャンルを普段見ないから物珍しさでウケたのではないだろうか。

物語で適宜演者が歌い出すという演出。

決して自然では無いが、心情を歌にして表すというのは動きがあって見栄え的にも良い。

ストーリの中に破綻せず自然に入っており、しかもテーマが女優とジャズ。

脚本の勝利と言ってもいいだろう。

そして、この作品は色遣いも巧い。赤と青等対比を強調して魅せている。

ラストがハッピーエンドでは無く少し悲しい結末というのも昨今の賞レースの中で異質に捉えられたかも。

余談だが、ピアノは本人の演奏だと知って驚いた。

そして、「セッション」のあの鬼教授も僅かなシーンだが登場。

ラ・ラ・ランド(字幕版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です