映画『メイキング・オブ・ドッグヴィル ~告白~』【評価】C ラース・フォン・トリアー

映画『メイキング・オブ・ドッグヴィル ~告白~』DOGVILLE CONFESSIONS (2003) 52min 【評価】C 240106

このドキュメンタリーを観てラース・フォン・トリアー監督が嫌いになった。

監督という仕事は、明確なビジョンを持ってそれを俳優に伝えられる事だと思う。

こんな手法ただの話題作りにしか見えない。

俳優も無駄に疲弊するだけ。

ドッグヴィルの告白 [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です