映画『凶気の桜』【評価】C 窪塚洋介

(2002) 122min 290306

「時計じかけのオレンジ」に似ている感じだが、日本らしさが出ている。

須藤元気が意外と好演。

窪塚がマンションから飛び降りる前の作品だが、この映画の影響は少なからずあるのでは無いだろうか。

キーワードはネオナチ、イデオロギー。

凶気の桜 [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です