映画『イップ・マン 最終章』IP MAN: THE FINAL FIGHT 【評価】C ハーマン・ヤオ

(2013) 100min 181215

イップマンを演じるのがドニー・イェンからアンソニー・ウォンに変更。

どうなる事かと思ったけど、落ち着きと風格のあるイップマンになっていた。

今作は派手さや驚き、拳法は控えめ。

調べたらこのイップマンシリーズは全4部作なんだな。

ドニー・イェン主演が二つ、他を別の人が一つずつ演じていて、何か複雑な構成になっている。

この辺は大人の事情なんだろうか?

あと、気になったのはなんでイップマンは妻と子供を残して1人で香港にいるのかが意味わからん…(中国政府の迫害?なら何故家族も一緒に逃げないのか。)

終盤にはアメリカに渡った大スターブルース・リーが登場(演じるのはもちらん別人だが)。

イップ・マン 最終章 [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です