映画『26世紀青年』IDIOCRACY 【評価】C ルーク・ウィルソン

B級映画は突き抜けてバカをやらないと面白くない。この映画は結構真面目にバカをやっていたのでそこそこ楽しめた。

リアルな低脳世界の表現は見事。

現代の問題点が進行するとどうなるかを皮肉しまくっている。

一つ気になったのは、あんな適当な世界になってるのにスキャンの精度がすごすぎる所。

一瞬見えたくらいで認識する。そこまで高度ならバーコードじゃなくてもっと他の識別方法出来てるはず(笑)

あと、主役のジョーがテニスのジョコビッチに見えて仕方がなかった。かなり似てる。

26世紀青年 [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です