映画『トロッコ』【評価】C 尾野真千子

映画『トロッコ』(2010) 116min 【評価】C 010613

敦のふてぶしい演技がとても印象に残った作品。

元々は芥川龍之介の短編「トロッコ」をベースに舞台を今もトロッコが残る台湾に移して撮ったとの事。

夫の死により今まで訪れることの出来なかった夫の実家(台湾)へ残された子ども二人を連れ里帰りする夕美子。

義父と義母に会い、これから子供たちとどう生きて行くか悩み抜き、最終的には前向きに日本で生きていくことになるが…

なんか不完全燃焼だった。それで養父と養母は本当に良かったのだろうか?

ロケ地の風景は確かに日本統治時代の面影や自然が残っており、夏休みの田舎といった感じで素朴な綺麗さがあった。

また、台湾人俳優の方たちの日本語セリフは様になっていて味わいがあった。

若い俳優は日本語をその場で覚えたと思うのだが、老人達はもともと使えたのかな。

それにしてもこの映画を見て台湾にさらに行きたくなったなぁ。

トロッコ [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です