映画『茄子 アンダルシアの夏』【評価】C 大泉洋

映画『茄子 アンダルシアの夏』 (2003) 47min 【評価】C

日本では自転車レースというものになじみが無いのでテーマが新鮮だったが、自転車レースというもの自体の背景がわかりにくかった。

解説の内容は面白かったが、しゃべり方がゆっくりしていて臨場感が無く雰囲気が合っていなかった。そして、最後のゴールシーンの描き方が何か変わったことをやりたかったのかわからないが、アメコミ風の絵は好きじゃない。
この映画は声優として、大泉洋が主役をやってる。自分は大泉が好きなので、これを観たが、大泉ファン以外の人は・・・

茄子 アンダルシアの夏 [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です