映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』FAST & FURIOUS 6 【評価】C ヴィン・ディーゼル

シリーズを順番に観てないので関係性がよくわからない所があったが、エンタメとしてはそれなりに楽しめた。

原題みたいにナンバリングのタイトルの方が絶対わかりやすいのに(まぁ興行的に数字入れると初見が見に行かないから難しいのは理解できる)。

今回は戦車のシーンやラストの飛行機のシーンは物理を無視したようなアクションがよく見受けられた。

それだけ派手さ優先なんだろうな。

亡くなったポール・ウォーカーが主人公的立ち位置のシリーズだと思ってたけどそうでもないという事が再発見。

検索したら下のブログ記事で背景が理解できた。

【ワイルドスピード】なぜ主役がブライアンからドミニクになったのか – でょおのフューリアスなブログ

ワイルド・スピード EURO MISSION  (字幕版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です