映画『天使の恋』【評価】B 佐々木希

映画『天使の恋』(2009) 119min 【評価】B 201112

原作はケータイ小説。だからなのか、ケータイ小説でよく見られるレイプ、いじめ、援助交際、自殺、不治の病といった事象が出てくる。

主演がほとんど演技経験の無いモデルの佐々木希を使っているが、なかなか様になっていて及第点を与えられる内容。しかし、表情で表現するシーンは、まだまだ。

舞台は東京を中心としていて、街中の風景がよく出てくるがとてもキレイだなと感じた。
通行人や店がパッとしていて外国人から見た東京的な映像のようだ。
主人公とその友達がファッションに長けていて殊更そう感じたのかもしれない。

ラストはうーん。感動的にさせようとしてるのが見えてしまって残念。

あと、病室での長台詞+言い訳は蛇足。そこは言葉じゃない方法を使って欲しかった。
わざとらしい言い回しでクサイ。

天使の恋 スタンダード・エディション [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です