映画『オブリビオン』OBLIVION 【評価】B トム・クルーズ

最初から最後までちゃんとSFで、唆るメカも登場する。

サスペンス的要素もあって楽しめた。

トム・クルーズの妻役の人アジアっぽい表情を魅せるなぁと思ったらウクライナ人かーなるほど。

ラスト52号が出てきた訳だけど、なぜ奥さん嬉しそうなのかが理解できなかった。

思い出を共有した49号とは別のクローンな訳でそこが不可解。

あと、テットにモーガン・フリーマンが何で入れたのか。

絶対生体センサーでDNAチェックしてるはずじゃん(笑)。

そこに脚本の甘さを感じた。

オブリビオン(吹替版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です