映画『犬神家の一族』【評価】B 市川崑

映画『犬神家の一族』 (2006) 135min 【評価】B 111210

リメイク元の1976年版作品は未見だがサスペンスとして良作だった。
カメラワークが独特。日本的というか安定感がある。
取り調べのシーンで本物のスケキヨが震えて次のカットに震えていないカット、
そしてまた震えるカットが入る所が気になった。(つなぎミス?)
金田一がもっと活躍するのかと勝手に思ってたが
終盤でパバッと解決して終了みたいにあっさりしすぎていた。
演じる石坂浩二も年だから相応の動きになってたな。
飛び散る血、鮮やか過ぎる血、人形のような死体、リアルさは感じない。

犬神家の一族 通常版 [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です