映画『八日目の蝉』【評価】B 井上真央

(2011) 147min 171217

永作博美ファン歓喜。

永作博美と井上真央ってこう観ると似てるよね。

あと、小池栄子の怪演が光る。グラビアモデル上がりでここまで役に憑依できてるのは素晴らしい。

不倫だけに限らず自分が育ってきた家庭環境は繰り返される。

そんな摂理を訴えているザ女の作品。男は完膚無きまで脇役とされていた(劇団ひとりは下手で目立っただけ)。

残念だったのは小豆島の観光プロモーション的なシーンが多用されていた所。

確かに風景が綺麗だけど、これでもかと強調された場面が逆に興冷めだった。

結局大人になった薫と希和子の再会が無かったのは残念。再会してどんな感情を表現するのか見たかった。

カルト宗教施設は「ヤマギシ会」がモデルになってるかな。

八日目の蝉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です