映画『エクス・マキナ』EX MACHINA 【評価】B アリシア・ヴィカンダー

(2015) 108min 270317

人工知能の逆襲を描いた作品。

全編に渡って哲学的会話による心理戦が繰り広げられる。

狂気を全身から醸し出す金持ち開発者の描写は見事(ジョブズ+マッドサイエンティストっぽい)。

それに対抗する優秀であり心優しい技術者の主人公、心の変わり様がわかりやすかった。

自分もロボットなんじゃないかと疑い出すシーンは、そうきたか!と1番自分の中で盛り上がった(両親がいないという伏線もあったし)。

救いようの無いラストは、観た人の心にザワザワ感を残す。

後半はヌードシーン満載。

性奴隷のように扱われるキョウコは日本人(アジア人)蔑視的要素もありそう。ちなみに本人は日系イギリス人。

エクス・マキナ (字幕版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です