映画『攻殻機動隊 新劇場版』【評価】B 黄瀬和哉

ARISEシリーズが正直がっかりだったのでどうなることかと思ったけど、この新劇場版で見事に昇華した感じ。

ストーリーは主人公と姿・形が同じ敵が現れるという昔からの手法。

アニメは主人公が最強の場合が多く、敵をその主人公のクローンにすると盛り上がるという定番なヤツですな。

ARISEシリーズで出てきた電脳世界、疑似記憶、遠隔義体というテーマの集大成としてうまくまとまっていたと思う。

ラスボスの最後はあっけなかったけど(笑)。

攻殻機動隊 新劇場版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です