映画『10 クローバーフィールド・レーン』10 CLOVERFIELD LANE 【評価】B メアリー・エリザベス・ウィンステッド

見終わって率直な感想はフーンって感じ。

更なる続編も示唆している。

前作もそうだが、肝心の「本体」が映るのは数分。

後は人間物語でしか無い。

それでも物語として成立をしているので構成は流石だが、物足りなさがあった。

過去の映画作品のオマージュも幾つか散見される。

ソウ」や「シャイニング」等。

主人公の女性役(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)がエロシーン皆無なのに妙にエロいのが印象的。

下にも貼ったが日本の映画パッケージは笑う。あえて「猿の惑星」的ネタバレ感を狙っているのか?主旨的に本当にこれでいいのか…

10クローバーフィールド・レーン (字幕版)



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です