映画『ネイビーシールズ:チーム6』CODE NAME: GERONIMO 【評価】B ロバート・ネッパー

(2012) 101min 261115

プリズンブレイクのティーバッグが上司の軍曹役。

あの顔は特徴的だからすぐわかるな。逆に言うとティーバッグのイメージが強すぎるとも言える。

内容は同時期に製作された「ゼロ・ダーク・サーティ」と非常に似ている。

同じ軍事作戦をテーマにしているから当たり前か。

ビンラディンのアジトの確証方法はちょっと違っていて、ワクチン注射までは同じだが、こちらは護衛の持っていたAKが同じという事で判断。

部隊が標的ジェロニモを殺害して、そこで成功って事になってるけど部隊の帰還がすんなり行き過ぎてそこが少し疑問。

もっと抵抗されるだろうに。パキスタン警察も上司に確認取って納得しているのはおかしい。CIAは確認取って時間を稼ぐって言っていたから許可は取ってないハズでは?

あと、こういう作品には珍しく女性のアンダーヘアまで見られるシーンが出てくる(そこまでする必要あったのだろうか)。

また、CIAの現地協力者がパキスタン政府に逮捕されていたとは知らなかった。

ビンラディン容疑者殺害、CIA協力者5人を逮捕 米紙 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

CIAに協力したパキスタン人医師、減刑へ : Intelligence News and Reports

ネイビーシールズ:チーム6 [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です