映画『イップ・マン 葉問』IP MAN 2 【評価】B ドニー・イェン

(2010) 109min 131511

アクション監督がサモ・ハン・キンポーと云うことで超正統派カンフー映画に仕上がっている。本人も準主役級で出演。

エンドロールちょっと前に流れた説明を見て、初めてイップマンが実在の人物だと知った。

しかもあのブルース・リーの師の事だとは知らなんだ。

ストーリーは全体的に、国威掲揚映画っぽさが感じられた。

日本軍に頭をやられて、廃人になった人。

香港を統治する西洋人に反感を持つ香港人達。

などの外国人に対抗し、英雄的な中国人像が描かれている。

特にボクシングVS中国武術という試合は、正にその外国対中国を映像的に現していて興味深い。

こういう映画は超人的なカンフーで相手を打ちのめすのが常だが、そこを抑えてあえてやられながらもしぶとく相手の弱点を突き、倒すというリアルさを追求しているのもまた感心する。

百烈拳的な技は出たけどね。

あと、主人公の奥さんが綺麗すぎ&イップマンより背が高いのが少し気になった(笑)

イップ・マン 葉問 [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です