映画『ジョーカー』JOKER 【評価】B ホアキン・フェニックス

(2019) 122min 280920

Netflixで鑑賞。

心に病を抱えた男が薬を止めざる負えなくなって妄想の世界から現実に戻り、その事実を受け止められずハッピートリガーへ。

家族の問題、仕事の問題、お金の問題その全ての根本がエリート金持ちの搾取という構図。

ジョーカーがショーパブで笑い者になる所は共感性羞恥が爆発して直視できなかった。

衝撃的なシーンが多いが、前評判を高くしすぎたせいか自分的には「ダークナイト」には及ばないなと感じた。

あと、ジョーカーはブルース・ウェイン(後のバットマン)とこんな子供の時に会っていたんだな。

ラストシーンの赤い足跡はジョーカーのこれからの暗躍を示していて非常に効果的。

ジョーカー(字幕版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です