映画『コート・スー コート・ソー』BANGKOK KNOCKOUT【評価】B パンナー・リッティグライ

映画『コート・スー コート・ソー』BANGKOK KNOCKOUT (2010) 【評価】B 211210

2010年12月16日公開の作品。MBKで鑑賞。観客は15人くらい。
結論としては、“そこそこアクションしてる。”って感じ。
AKIKOって役で日本人のこの人も出演してた。
日本人が話す英語を話してて親近感が持てたが、
服装なんだこれ。日本ってのを表したかったのかも
しれないがダサすぎる。どうせなら着物の方がカッコいいのに。

あの「マッハ!・チョコレート・ファイター」の監督だからアクションが
メインなのはもちろんわかっていたが、ストーリーがあまりにもお粗末。

なぜパーティが人里離れたところで催されているのか…
仲間が裏切るのだが、その理由が良く分からない…
悪人ギャンブラーたちは、なぜわざわざ会場の近くで
映像を見せられていたのか等々…

また、ギャンブルの投票でiPADを使うのだが、最初の方
iPADを持ってるのは良いのだがやること無くて
メニューを行ったり来たりしてるのは笑えたw
とまぁ細かい所を挙げればきりがないのでこの辺で。
アクションは問題無く魅せてくれるので、
細かいところを気にせずにアクションを楽しみたい人向けかな。
演技は総じて、大根役者です。
全然、自然じゃない…アクションだけじゃなくて演技もっとがんばれ。

20101120-movie_302-04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です