映画『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』THE PEOPLE VS. FRITZ BAUER 【評価】A ブルクハルト・クラウスナー

(2016) 105min 120219

ナチスの残党で国外に逃げた極悪人アイヒマンを追っている検事総長の話。

最初フリッツが死にかけ&フラフラしていたので認知症なのかと思ったけど全然そんな事なかった。

話が進むに連れ老練な根回しが元ナチスとの攻防と相まって面白い。

国家反逆罪という罪に問われる可能性を抱えながらのモサドとの連携はスリルがある。

決して派手なアクションがある訳では無いが、ストーリーで魅せてくれた。

あと、部下のアンガーマンがハマったのが娼婦かと思ったら男だったとは。

全然、男に見えないレベルだったのでわからなかった。

セリフでフリッツが「その男とはもう会うな」と言っていたのを誤植だと思ったくらい。

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男(字幕版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です