映画『時をかける少女』【評価】A 細田守

映画『時をかける少女』 (2006) 100min 【評価】A 161210

例によって原作は未見。
作品のタッチは、ピクサーとは違って非リアル系。
これ「サマーウォーズ」に似てるなぁと思ったら本当に同じ監督細田守さんだった。
この人の作品は、細部まで凝ってて面白いんだよな。
仮想空間の描き方が上手いと思う。
この作品のセリフに出てくる“タイムリープ”って言葉で子供のころ
“タイムスリープ”って言ってたのが間違ってる事に気付いた。
自己満足の為に過去に戻る行為を繰り返す主人公。
その中に複数の恋愛関係も絡ませていたが、決してだらける事は
無く一気に見せてくれた。
良作で薦められる作品。

時をかける少女 【期間数量限定生産版】 [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です