映画『殺しのナンバー』THE NUMBERS STATION 【評価】A ジョン・キューザック

工作員モノ。

非常に面白いストーリーだった。派手なアクションは無いが、脚本と演者でちゃんと幅を持たせている。

暗号を受ける工作員から、暗号を発信する側への転換はしっかり理由付けしていて、そこに密室+テロリストの要素が入り更に盛り上がった。

暗号要員を守りたいけど、組織としては消さなくてはいけない葛藤がよく伝わってくる。

基地の中の暗さにおける光の効果を狙って多用していて効果的。

殺しのナンバー (字幕版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です