映画『ゴッホ:天才の絵筆』【評価】A ピーター・ナップ

(2009) 39min 190817

ヴァン・ゴッホの生涯を彼自身の視点から語らせたドキュメンタリー映画。

日本ではIMAXで公開された。

ヴァン・ゴッホ入門として約30分程度の丁度良い作品だと思う。

絵の中に日本の浮世絵が登場していたり、最初からあの絵のタッチではなかったり、ゴーギャンと共同で生活、自殺直前の2ヶ月で80点の作品を描く、彼の後を追うように援助していた弟が亡くなっている事など初めて知った。

ゴッホについてもっと詳しく知りたくなって検索したら非常に良いサイトを見つけたので下記にリンクする。

ゴッホの唯一の理解者 弟テオ | ゴッホについての考察サイト

ゴッホ:天才の絵筆(字幕版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です