映画『12人の優しい日本人』【評価】A 豊川悦司

映画『12人の優しい日本人』(1991) 116min 【評価】A 260611

日本の裁判員制度が始まる18年前に作られた映画。
ちなみにアメリカの陪審員制度を元にしている。

日本人の特徴をそれぞれの登場人物がデフォルメして演じている(舞台風)。
場面場面に決め台詞があってそこで意外性のある笑いを提供してくれる。
全てが1か所で行われている密室劇で長回しを多用。
風景が変わらないので退屈しがちだが、そこをセリフの強弱でうまくカバーされていた。

まだオリジナルを観てないので、見たいなー。

12人の優しい日本人 [DVD]12人の優しい日本人【HDリマスター版】 [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です