映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO 【評価】A ノオミ・ラパス

映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO (2009) 153min 【評価】A 130113

自分的に掘り出し物。

サスペンスとしてとても良かった。

まず、リスベット役のノオミ・ラパス。この人が主役だと思ってたが脚本的にはミカエルが主役なんだな。
ほとんどキャリアが無く、この作品が初大役との事だが体当たり演技が素晴らしい。
レイプ、レズ(バイ)、タトゥー、忘れたい過去を持つ役どころといったなかなか難しい人物像を素のように魅せてくれた。
凄腕のハッカーという設定も無理なく、敏腕ジャーナリストミカエルとハッカーリスベットは初見だがすでに名コンビの様相。

約2時間半という少し長めの時間だが、全く退屈すること無く観られる作品。

あと気になったのは、ミカエルが禁固刑の判決(冤罪だが)で服役しているシーンがあるのだが、スウェーデンの刑務所ってよくネットで話題になるように独房の中にPC持ち込めるし雰囲気もちょっとしたゲストハウスっぽくて快適そうだった。

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 [DVD]



カットシーンを追加した完全版もあるらしい↓

ドラゴン・タトゥーの女 ミレニアム<完全版> [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です