映画『万引き家族』SHOPLIFTERS 【評価】A 安藤サクラ

(2018) 120min 211219

児童虐待、万引き、育児放棄、殺人、高齢者死亡隠し、誘拐。

日本で実際にある闇を豪華に盛り込む。

ほぼ全員が他人という家族構成をそれぞれ現実の顔を感じさせないくらいリアルに表現していた。

特に子役2人の演技力は見事。

発覚後の後日談を手抜きする作品が多い中、本作はしっかりその後の関係まで映し出していてよかった。

ゆり(じゅり)の置かれた状況の哀しさ、虚しさがダイレクトに伝わる。

虐待親による記者会見のシーンは、昨今の日本マスメディアシーンに警鐘を与えているのでは(それが当事者達に理解されるかは別として…)。

万引きが悪であるという目覚め、本当の父親は?、家族の温かさに触れた女児、など内面の表現が秀でていたのも印象的。

万引き家族

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です