マンガ『リボーンの棋士 1』鍋倉夫 著 小学館

年齢制限により奨励会を退会しなければならなかった男が、再起をかけてアマチュアから再びプロを目指す話。

将棋好きなので非常に興味深く面白かった。

奨励会とアマチュアの違いやスタイルが知れる。

リボーンの棋士 (1) (ビッグコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です