マンガ『中国のもっとヤバい正体 中国のヤバい正体』孫向文 著 大洋図書

前作が好評だったので続編が出版。

中国人が天安門事件の真実を知らないのはわかっていたが、一番驚いたのはウイグル人への認識。

ウイグルは日本の沖縄、すなわち琉球と同じような認識だと言う。

それは話がお門違いだと感じる。

沖縄人がテロを起こしたりしないし、異常な監視カメラ社会でも無い。

独立を求めてもいない。

著者のウイグル人への認識が非常に残念だった。

中国のもっとヤバい正体 中国のヤバい正体 (ナックルズ the BEST)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です