マンガ『惡の華 1-11』押見修造 著 講談社

これも押見ワールド。

人の根底にある欲望を可視化している。

そして、それをそそのかすキャラが強烈。

この作品からボードレールを読む人結構いそう。

惡の華(1) (週刊少年マガジンコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です