マンガ『テンジュの国 1-2』泉一聞 著 講談社

後発なのでどうしても「乙嫁語り」の二番煎じ感が否めないが、それを上回るほっこりさに包まれる物語。

主人公が非常に優男で博識の13歳。

それでいて少し抜けている所がある人間らしさ。

出来過ぎた男だが、ギスギスしない感じが心地よい。

チベットの文化や風習も自然に知ることのできる作品。

テンジュの国(1) (週刊少年マガジンコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です