マンガ『人間失格 ─まんがで読破─』 太宰治 作 バラエティ・アートワークス 画 イースト・プレス

個人的にドキュメンタリーやノンフィクション物が好きなので古典的名作と呼ばれるものをあまり読んでこなかった。

触りだけでも知れたら良いのでこのシリーズを読んでいこうと思う。

今作は太宰治氏の「人間失格」をマンガ化している。

人間とはどういう生き物かというのを表現していると感じた。

ドロドロとした人間関係(特に女性)、本心を打ち明けられない性格、自伝的作品と呼ばれており、後に実行した入水自殺を書いている場面があるが、執筆時に太宰本人も決意を固めていたのだろうか。

人間失格 (まんがで読破)


Kindle Unlimited

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です