マンガ『34歳無職さん 1-7』いけだたかし 著 KADOKAWA / メディアファクトリー

無職の本当のリアルが描かれている。

これは想像では描けない内容だった。

設定は架空かもしれないが、無職生活の細かい所が網羅されていた。

主人公の闇も表現されていて、日本において子供の親権を母親が持てないのは余程の事だったという事が推測される。

34歳無職さん 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です