マンガ『中2の男子と第6感 1-4』 福満しげゆき 著 講談社

福満テイストは健在だが、物語だとその面白さが半減している。

自分の心で思っていることをセリフに書いてしまうというのが面白いのだが、それがフィクションだと現実性が薄れるからだと思う。

でも福満ファンとしてはいじめられっ子の妄想を全力で爆発させていて楽しめた。

中2の男子と第6感(1) (ヤンマガKCスペシャル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です