マンガ『ど根性ガエルの娘 1-3』大月悠祐子 著 白泉社

こんな人生を歩んできてよくここまで家族の関係が修復できたなというのを最初の方で感じたが、その関係も儚くて短く脆いものだった…

父親と母親両方から身体的、精神的なDVを受け続けてきた娘が実情を全てさらけ出して描いた作品。

そりゃこの内容じゃ尻込みする出版社が出るのも想像に難くない。それでも拾ってくれる出版社があって世に出せたのは良かったと思う。

今はこんな幸せの日常ですよーかと思いきや昔と変わっていない両親への復讐的要素が含まれている(それも読んでほしいのだろう)。

ど根性ガエルの娘 1 (ヤングアニマルコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です