マンガ『100万円の女たち 1-4』青野春秋 著 小学館

書き込みが多い作品が流行りの昨今、珍しく背景に余白の多いマンガ。

ベースはサスペンスだが、どこか男の深層にある欲望を現している。

ラストは必ずしもハッピーエンドとは言えないのでモヤモヤが残る。

そもそも主犯の女の目的が人間関係を考えるとよくわからなかった。

本当にただの遊びという事で片付けられるのだろうか。

自分はあまり納得いかなかった。

100万円の女たち(1) (ビッグコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です